おすすめ記事

話す時はゆっくりはっきり

知っておきたい老人性難聴のこと

老人性難聴の人と「ポケトークmimi」を使って会話する

「ポケトークmimi」で筆談

「ポケトークmimi」で筆談

「ポケトークmimi」とは

メガネのアイガンが販売しているポケトークmimiを紹介します。老人性難聴の人とコミュニケーションを取る際に便利な小型機器です。話した内容が文字化される筆談機で、AIによって会話の内容を自動で認識して文字に変換してくれます。最大30秒までの文章に対応しており、購入後も音声認識機能はアップデートしていきます。ノイズキャンセル機能を搭載しているので、騒音のある場所でも使用可能です。
ポケトークmimiの使い方は、はディスプレイの下にあるボタンを押しながら会話するだけです。文字化されるまで非常にスピーディなのでストレスがありません。画面に表示された内容を相手に見てもらうだけで情報が伝わります。通常の筆談では文字を書く手間があり、情報を伝えるまでに時間がかかります。しかし、ポケトークmimiを使えば話した内容をスムーズに伝えることができます。最近は常時マスクを着用し、口元が隠れて情報が伝わりづらいということもあり、マスクを着用していても問題なくコミュニケーションが取れるポケトークmimiに注目が集まっています。

特徴

小さい声でも認識してくれるので、わざわざ声のボリュームを意識して会話する必要がありません。人前でも気兼ねなく話せます。また、何度も聞き直すようなこともなくなるでしょう。
ポケトークmimiは、元々通訳機のポケトークを日本語から日本語への翻訳に設定し、会話が困難な人とのコミュニケーションに使っている方がいたことをヒントに開発されました。こだわりの大画面やボディ、あらゆる部品を活用しながら、老人性難聴の人とのコミュニケーションを目的とした専用機として細部までこだわって作られています。なにより嬉しいのが、表示が速く文字が大きい点です。クラウド上のAIを用いた高性能なシステムが搭載されています。本体や画面のサイズは通常の通訳機と同じですが、表示される文字のサイズが異なります。高齢者が読みやすいように大きく表示されるだけでなく、日本語としての読みやすさにこだわったフォントが採用されています。背景は通常のホワイトカラーではなく、まるで紙のようなテクスチャー処理を施した温かみのあるデザインとなっています。また、どれだけ音声認識機能が高精度でも、雑音が多い環境で使用できなければ意味がありません。ポケトークmimiには雑音を除去するノイズキャンセル機能を搭載したマイクが装備されています。そのため、外出先でも精度の高い文字変換が可能です。
箱から出してすぐに使える点もメリットです。Wi-Fi環境がなくても使用できるように、eSIMが内蔵されています。